トップページ > 企業情報 > 三重交通の取り組み・CSR > 地域・社会貢献活動

地域・社会貢献活動

地域・社会貢献活動

第8回 三重交通クリーンアップ・ウォーク

 

世界遺産「熊野古道」は地域住民だけでなく、私たち三重県民にとりましても、先人たちが残してくれた貴重な文化遺産であり、観光資源として国内はもとより世界に誇れるとても貴重な存在です。
運輸・旅行事業者であり、三重県に事業の中心を置く当社では、この世界遺産を荒廃させることなく、美しい姿のまま将来へ残し繋いでいくことは使命であると考えています。
当社では、「地域貢献活動」の一環として「三重交通クリーンアップ・ウォーク」を実施し、広く一般のボランティア参加を募り、地元で日々活動されている方々との共同作業と交流を通じて、熊野古道の景観維持とボランティア活動への理解を図っています。

平成24年3月17日(土)に、第8回目のクリーンアップウォークを馬越峠にて実施しました。バス2台に分乗した参加者51名に、「熊野古道語り部友の会」の地元ボランティアの皆さんや東紀州観光まちづくり公社の皆さんも合流し、雨の馬越峠の景観を楽しみながら一緒にゴミ拾いをしました。

イメージ写真
イメージ写真

当初の予定では、道の駅海山を出発し、尾鷲神社に至るまでのコースでしたが、悪天候のため、途中で折り返し、道の駅海山に再度戻るかたちとなりました。
しかしその分、道中では、地元の方々から馬越峠のお話もたくさん聞くことができました。

イメージ写真
イメージ写真
イメージ写真
イメージ写真

また、クリーンアップウォーク終了後に熊野古道センターに立ち寄り、熊野古道センターについての説明や熊野古道についての紹介を受け、皆さん熱心に耳を傾けておりました。
        

イメージ写真
イメージ写真



この清掃活動は、地元企業三重交通の、熊野古道を守る地域貢献活動であること。参加者が地元の皆さんとの共同活動を通じ、理解と親睦を図ること。参加者同士の親睦とボランティア情報の交換の場となること。そして何よりボランティア活動の入口でもあり、同時に熊野古道のすばらしさを体験していただく機会となるよう、いくつもの目的を持っています。

参加された方は、主に60代以上の方が中心となっておりますが、今回は三重大学の学生の方も参加されました。今後はさらに幅広い年代の方にボランティア活動に興味をもっていただけるように事務局としても、地道な活動ではございますが、取り組んでいきたいと考えております。

 

これまでの活動状況

H17.3.13実施
  熊野古道「ツヅラト峠」(参加者60名)
H18.3.11実施
  熊野古道「浜街道・松本峠」(参加者80名)
H19.3.17実施
  熊野古道「始神峠」(参加者92名)
H20.3.29実施
  熊野古道「大吹峠・大泊海岸」(参加者82名)
H21.3.20実施
  熊野古道「一石峠・道瀬海岸」(参加者88名)
H22.3.20実施
  熊野古道「羽後峠」(参加者58名)
H23.3.19中止
  熊野古道「横垣峠」     -
H24.3.17実施
  熊野古道「馬越峠」(参加者51名)