三重交通株式会社 新卒採用サイト

ダイバーシティへの取り組みダイバーシティへの取り組み

すべての人が、イキイキと活躍できる企業へ

三重交通は、性別、年齢、学歴、障害の有無などに関わりなく、多様な人材が自分らしく活躍する「ダイバーシティ」が会社にとって大きな成長戦略となることを確信し、活動を行っております。
特に女性活躍推進に力を入れており、女性のキャリア開発支援、仕事と家庭の両立支援に取り組んでいます。
今後も、女性の能力開発や環境整備に力をいれていくとともにすべての社員がイキイキと仕事と活躍できる会社を実現します。

  • くるみん
  • くるみんの取得についてくるみん
    「くるみん」マークは、「子育てサポート企業」として、子育て支援に関する目標を達成した企業に厚生労働省から与えられる証です。 当社では、「女性従業員の育児休業取得率が75%以上」や「男性従業員の育児休業取得」などの目標を達成し、2015年に「くるみん」マークを取得しました。 従業員一人ひとりが輝ける職場を目指して、今後もさらなるワークライフバランスの充実を図ってまいります。

仕事と家庭の両立支援

  • 育児休職
    最長、子どもが1歳6ヵ月になるまで取得可能
  • 短時間勤務
    小学校就学前まで原則6時間の短縮勤務が可能
  • 認可保育園
    企業優先枠確保
    利用者は市立保育園と同額での利用が可能
  • 子どもの看護休暇
    1年間につき5日間取得可能(子ども1人の場合)
  • 介護休業
    対象家族1人につき原則1年間の範囲内で取得可能

社員の声

会社から近い保育園なら、
安心して勤務できます!

保険営業部 生命保険課 更屋明日香
2008年入社(一般職)

1歳3ヵ月の子どもを認可保育園に預けて、仕事をしています。ちょうど私の妊娠中に本社前の認可保育園と当社が契約をしたんです。
子どもは11月生まれ。年度内の途中入園はかなり厳しいと言われていて、育休を延長しようかと思っていました。その時に今の保育園のことを思い出し、会社に空いている枠を確認し、見学に行きました。

見てみると少人数のため、他のクラスの先生も気にかけてくれる上、給食も手づくり。布団やオムツなど持参しなくてはいけない荷物も少ない。ビルの中にあるものの、園庭もあるし、近くの公園にお散歩にも連れて行ってくれるとのこと。すぐに入園を決めました。今は9時から16時までの時短勤務で働いており、最大小学校就学前まで使えるのですが、子どもがある程度自分のことができるようになれば、少しずつ勤務時間を伸ばしていきたいと思っています。

子育てをしながら頑張る仲間が
いっぱいいます。

三重交通グループホールディングス(株) 出向 鷲野瑛
2006年入社(総合職)

バス営業部 四日市営業所 鷲野枝里
2006年入社(一般職)

私たちは同期入社で、いわゆる職場結婚をした夫婦です。子どもが生まれた時に産休・育休を取得しました。当社の場合、産休は生まれる1ヵ月少し前から取得可能。育休に関しては1年間が基本ですが、1年6ヵ月まで延長することができます。私たちも保育園が見つからず、4月の入園に向けて1年3ヵ月まで延長しました。

まわりにも子育て中の社員は多く、マタニティの服を貸していただいたり、子育てに関するアドバイスをいただくなど、いろいろとお世話になりました。
復職後、妻は9時から16時の時短勤務で働いています。仕事内容は出産前と同じですし、子どもが病気の時などは「早く帰りなさい」とまわりがサポートしてくれるなど、“お互い様”の関係がある点も魅力。もう少し子どもが大きくなったら、両親が活躍している姿を子どもに見せたいと思っています!

データで知るダイバーシティ

  • 女性の育児休業取得率
  • 産休・育休後の職場復帰率
  • 男女割合
  • 平均金属年数
  • 新卒女性総合職雇用率