三重交通株式会社 新卒採用サイト

仕事を知る人を知る

旅行営業部 旅行営業課 丹羽梓
2016年入社(総合職)
バスを使って、感動の
1日を提供しています。

地域のために適材適所で活躍できます。

高校まで津市で暮らし、大学時代は他県で生活。改めて地元の良さに気づきました。就職活動では地域の方々と関わりを持つ仕事、地域社会に貢献できる仕事を探していたのですが、その時に子どもの頃に遠足などで三重交通のバスを利用したことを思い出したんです。バスというのは公共事業。ここなら私の希望していた働き方ができると当社を志望しました。
決め手となったのは、採用担当の方々の人柄。常に親身になってくれ、マメに連絡をいただけたことがうれしかったのです。
入社前は「バス会社」というイメージしか持っていなかったのですが、実際はいろいろな事業を手がけている点は新たな発見でした。その分、自分の得意な分野を生かした活躍ができるなという期待の持てる会社です。

旬のツアーを企画するのが私の仕事!

現在、私は「三交パルック」というバスツアーの商品企画を担当しています。季節に合わせたツアー内容を考え、行程を組んでいくのが主な仕事で、毎月発行されるチラシには、私が企画した日帰りツアーがいくつか掲載されているんですよ!
最近の傾向は観光列車に乗るなど、特別感のあるツアーに人気が集まっています。お客様に喜んでいただくためにも、話題のスポットを始めとする情報収集は欠かせません。ただし、常に現地を見てから企画を立てるケースばかりではありません。ネットで調べてお昼のメニューを考えたり、現地の業者さんのお話を聞いたり。バスの通り道や駐車場などを施設に問い合わせるなど、地道な活動も多い毎日です。

“行って良かった”と喜んでいただくことが目標。

仕事のやりがいは、お客様から「楽しいツアーだった」「ご飯が美味しかった」といった感想をいただいた時です。ツアーが終わるごとに乗務員が報告書を作成し、そこにはお客様の意見も書かれています。良い感想ならうれしいですし、改善点が書かれていれば、次につなげるようにしています。
そのほかに添乗見習いとしてツアーに同行することもあり、その時はお客様の生の声を聞くチャンス!乗務員の様子もわかるため、勉強にもなります。
私の場合、これまでに50以上のツアーの企画に携わりました。でも、お客様にとっては参加されるツアーが唯一のもの。どうすれば楽しんでいただけるかを真剣に考え、自分の想いだけでなく、先輩の意見も取り入れながら、商品化をするよう心がけています。

若手にも責任ある仕事を任せてくれます。

今の部署では私が一番年下。その分、困っていればすぐに誰かが助けてくれますし、上司や先輩たちから気軽に話しかけてくれます。とても良い雰囲気で、人の温かさを感じながら仕事に臨んでいます。
私自身も旅行好きで、この部署に配属になった時は“いつか自分で企画をすることができたらいいな”と思っていたほど。最初は料金や距離の計算から始め、少しずつツアーの企画を任されるようになり、信じられない気持ちでいっぱいです。
三重交通は、貸切バス事業者安全性評価認定最高ランクの「三つ星」に認定されていて、お客様からの信頼もバツグン。車両もゆったりしたシートがあったり、トイレが付いていたり、とても快適なんですよ!

これからも活躍の幅を広げていきます!

今は仕事をこなすことで精一杯。今後は現地視察などの機会も増やし、よりお客様に喜んでいただけるツアーを企画していきたいと思っています。そして旅程管理の資格を取得し、宿泊のツアーや飛行機を使ったツアーづくりにもチャレンジできればと思います。また将来的には他部署での経験も積み、幅広く活躍したいと考えています。
学生の皆さんには、学生時代に興味のあることにどんどんチャレンジしていただき、自分のやりたいことを見つけてほしいと思います。その上で、就職活動では説明会に参加することはもちろん、可能であれば、その会社の人が働く現場を見てみるといいでしょう。職場の雰囲気を知れば、自分に合うかどうかの判断がしやすいと思いますよ!

ある一日のスケジュール

9:00

予約状況の確認 企画したツアーに、どれだけのお客様が申し込まれているかを予約システムで確認します。
多くの方が参加されれば毎年の恒例ツアーとなるケースも!企画した人間としては、期待と不安でいっぱいです。

9:30

営業と打合せ ツアーの中には、営業の企画書に基づくものもあります。この日は、新しいツアーの昼食場所や内容、立ち寄る観光施設などを打合せしました。

10:30

施設との手配事項の確認 再び、予約状況をチェックしていたら、ツアーでお世話になる施設から電話。出発日と人数についての確認でした。当日は、よろしくお願いします!

11:00

ツアープランの立案 プランは実施日の3〜4ヵ月前から練り始めます。この日は夏休みの子ども向けコースを考えました。昨年、人気があった「桃狩り」を今年も実施しようかなぁ。

12:00

昼食 社内で、先輩たちとお弁当。私の部署は女性メンバーも多いんです。
テレビを見ながらタレントの話題や、出張で下見に行った時の話など、会話が途切れることはありません。

13:30

施設から連絡 予定していたフルーツ狩りの施設から電話。今年は育成状況が悪く、実施できないとのご連絡。
急いで代わりの場所を探すか、ツアーを中止するか。決断を迫られます。

16:00

ツアー内容の変更 他の施設でフルーツ狩りができることに!
記載情報を変更し、準備完了。たくさんの人に予約してもらえますように。

18:00

退社 まっすぐに帰宅することがほとんど。その分、お休みの日は下見も兼ねて、よく旅行に出かけています。
団体で使える施設かどうか、バスで近くまで行けるか、お客様の年齢層は、そのエリアでの今の話題は何かなど細かくチェックします。