三重交通株式会社 新卒採用サイト

人を知る人を知る

バス営業部 四日市営業所 K.T
2014年入社(総合職)
人に密着した事業。
それがバス会社です!

バスの大切さを再確認しました。

私は桑名市出身。大学時代は大阪で過ごしたものの、卒業後は三重県で働きたいと思っていました。
どこに就職しようかと考えた時に、子どもの頃から見慣れた風景であった「バス」が頭に浮かんだのです。調べて見ると、三重交通には自分の知らない路線もあり、地域の隅々にまで貢献しているなと実感できたのが決め手でした。
その頃、思っていたのは、どの路線をどれくらいの人が利用しているかを調べ、そのダイヤに沿って運行されているのかなということ。でも実際は遠足やイベント等で利用されるケースも多く、入社してみて、ほんとうに地域になくてはならない存在なんだと改めて知ることができました。

毎日の安心・安全を考える仕事です。

担当している業務は幅広く、まずダイヤ改正の時期が近づくと、その見直しを行います。お客様の乗降データをもとに、利便性・収益向上につながる計画を立てていきます。
さらに貸切の路線バスを運行させる際の手配書作成、工事の時には迂回路を設定し、臨時のバス停の設置やホームページへの掲載も行います。
運転士との会話や、バスへの同乗を通じて問題点が見つかることもあり、その度に改善策を考えることも現場にいるからこそできる仕事の1つです。
基本的には、すべてダイヤにつながる業務。時間通りにバスが来ないダイヤを組めば、多くのお客様にご迷惑をおかけすることになるだけに、資料作成の時などは何度も見直すよう心がけています。

苦労や失敗の先に喜びがあります。

ダイヤ改正の時期などは作業量も多いものの、それが完了した時の達成感は格別です。自分が組んだダイヤによって利用される方が増え、「便利になった」という声をお聞きすると、この仕事をしていて良かったと思います。お客様の声は運転士を通じてお聞きするほか、定期的に朝のラッシュ時などに駅前で案内業務を行い、その際にいただくこともあります。
逆に難しいのは、いつもと違うルートで運行される時。正月などに臨時のシャトルバスを運行させる際に、予想していた以上に道が混み、お客様にも運転士にも迷惑をかけたこともありました。また私たちの仕事では、どのエリアに住宅が多いかなどの土地勘も必要になってきます。入社当時は、休みの日にバスに乗ったり、近くを車で走ったりしたものです。

人間関係の良さが、団結力につながっています。

営業所の営業は3名。数字の取りまとめや時刻表の作成、運転士の勤務交番編成などの業務を分担して進めています。
職場には営業の他に運行部門もあり、いつも賑やか。部署の垣根もなく、誰にでも気軽に相談できる雰囲気で、情報交換も活発に行われています。
他の営業所の管轄内でイベントがあるとなれば、運転士はもちろん、私たちも切符販売などで応援に出かけますし、逆に四日市営業所で貸切バスの依頼があり、人が足りないとなれば、他の営業所にサポートしてもらっています。三重交通という会社全体で、お客様のために頑張ろうという姿勢がある点も、とても気に入っています。そうした風土は長年にわたって培われたものなので、バス以外の事業に関しても同じ雰囲気だと思いますよ。

会社とともに成長していきたい!

バス業界は、まだまだ伸びる余地があると思っています。私自身、今は既存の路線のダイヤ改正業務が中心ですが、いつかは新規路線の開拓もしてみたいです。三重を拠点に全国に高速バスを走らせるというのも、夢があっていいのではと思っています。
また、将来的には人事や労務といった管理部門でも活躍してみたいと考えています。
学生時代、私は“こんな仕事に就きたい”“自分にはこれが向いている”という思い込みが強かった気がしています。でも就職活動をしてみて、広い視野を持つことの大切を学びました。学生の皆さんにはインターンシップや説明会を通じ、自分の持つ可能性をしっかり見極めてほしいと思っています。

ある一日のスケジュール

9:15

メールチェック 毎日、お客様の乗降量の報告書が届きます。それを整理し、データ入力をしていきます。

10:00

配車担当と打ち合わせ 路線バスと貸切バスの配車表を作成し、運行管理者に渡します。貸切バスの場合は、指令書の作成も行います。

12:00

昼食 営業所内の食堂を利用しています。営業のメンバーや仲の良い運転士とランチを楽しむことが多いですね。
ちなみに食堂の日替わり定食は、とてもお値打ちです!

13:00

問い合わせ対応 受注センターから、路線バスの貸切ができるかどうか質問がきました。
早速、調べて報告します。

15:00

道路障害の連絡 確認を取り、迂回路やバス停の休止の掲示を行っていきます。
現地に行って、運行管理者とどこにバス停を設置するかを考えることもあります。

17:00

配車の確認 明日はどのバスに、どの運転士が乗るのか。指令書に漏れがないかをチェックしていきます。

18:00

退社 学生時代の友だちとゴルフの練習に行ったり、1人で映画を見に行ったり。気分転換をして過ごしています。