トップページ > 高速バス > 高速バスのお知らせ > 平成30年度高速バス新車導入について

高速バスのお知らせ

平成30年度高速バス新車導入について

三重交通は平成30年10月以降順次、衝突被害軽減ブレーキ、車間距離警報装置、車線逸脱警報装置やドライバーモニターなどの安全機能を装備した高速バスを6両を、桑名営業所・四日市営業所・伊賀営業所(各2両)それぞれ順次導入しました。全車両空気清浄機を設置しています。
また伊賀営業所(名古屋上野高速線)に配置する車両には、スマートフォン等の充電が可能なコンセントを窓側21席に設置し、乗り心地を重視したワンランク上のシート・フットレストを備えています。

 

1.主たる車両装備

■ 衝突被害軽減ブレーキ
■ 車間距離警報装置
■ 車線逸脱警報装置
■ ドライバーモニター
■ 平成27年度燃費基準15%向上達成車
■ 空気清浄機
■ ハイグレードシート※
■ フットレスト※
■ コンセント※
■ トイレ※
※は伊賀営業所(名古屋上野高速線)の2両のみ装備

 

2.導入車両

■ 桑名営業所  いすゞGALA 4列シート 2両(客席60人乗り)
■ 四日市営業所  いすゞGALA 4列シート 2両(客席60人乗り)
■ 伊賀営業所  いすゞGALA 4列シート 2両(客席53人乗り)※トイレ付き